×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食事に酢の物を

クエン酸で疲れ知らず

食事に酢の物を

酢は、体に吸収されるとクエン酸になるという性質を持っています。

そのため、酢の物を献立に加えるだけでもクエン酸の摂取につながると考えられるわけです。

夏バテ防止に取り組むためにクエン酸は非常に役に立ちます。

ですから、夏のシーズンには酢の物を食事に盛り込むように注意するといいでしょう。

クエン酸との関わりに限らず、酢にはいくつかの夏バテ防止効果が期待できます。

その中に含まれているのは、食欲増進です。

体がかったるくて、疲労感が抜けないと、自然に食欲も失せてしまいますよね。

酸っぱい食品を見たり口にすると、唾液が出てくる現象は一般的に認知されています。

唾液は、食欲を増す働きがありますが、酸味の強い食材を食べると、唾液だけでなく胃液の分泌を促進することも出来ます。

体調が悪いと消化能力も落ち込んでしまうものですが、酢の摂取を習慣化することで、いつの間にか食欲がわいてくるようになるでしょう。

夏の暑いときにしつこさのない酢の物は献立にも組み込みやすい副菜です。

酢を使用した料理を考えることでクエン酸も多量に補うことが出来ます。

クエン酸は摂りたいと考えていても、酢が不得意だという人は、リンゴ酢などを選んでみてはいかがでしょうか。

酸味が抑えられていて、あまり酢の刺激がありません。

普通の酢に比べて甘さもあるため、まだ小さい子供が酢の物を食べられない場合も、リンゴ酢を使ってみるといいでしょう。

ちなみに、ツンとした刺激が嫌だという人は、火を加えて作る煮物などで酢を駆使するのが好ましいでしょう。

クエン酸で疲れ知らず

Copyright(C) 2012 クエン酸で疲れ知らず All Rights Reserved.