×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クエン酸の働き

クエン酸で疲れ知らず

クエン酸の働き

クエン酸は、夏バテを防止するためにかなりの力を発揮します。

そのため、夏の季節に差し掛かると、酢の物であったり、梅干しなんかを食べたほうがいいということを頻繁に見聞きするようになりますよね。

どのようなことからクエン酸が夏バテの防止に効くのかというと、体内に摂取した栄養素をエネルギーにとして作り変える働きがあるからです。

私たちが食事から摂った脂肪や糖質、タンパク質などに関しては、その状態のままだとエネルギーに変化しません。

エネルギーに変換するには、ビタミンB1などが重要な役割を持ちますが、一連のサイクルを促進するためにポイントになるのがクエン酸なのです。

体内のクエン酸が不十分だと、エネルギーとなる食べ物を摂っても、上手いエネルギー変換が滞ってしまうことになります。

これ以外にも、夏場について押さえておきたい働きがもう一つあります。

それは、汗の発する臭いを抑えるというありがたい効果です。

汗を大量にかく人は、夏場に外出するのが苦しくなってしまいますよね。

女性の場合でも、自分のかく汗のにおいが気掛かりになっている人がいるはずです。

そういったときは、酸っぱい食べ物を多く取り入れるのが望ましいでしょう。

クエン酸の影響によって代謝機能が高まるため、汗のにおいを緩和することが可能です。

なお、これは夏場のみならず、いずれの時期でも有効です。

酢の物を毎日食することは煩わしくても、週に三?四日は食卓にのぼらせるように習慣化しましょう。

それにより、疲れない体になることが叶うかもしれません。

クエン酸で疲れ知らず

Copyright(C) 2012 クエン酸で疲れ知らず All Rights Reserved.