×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クエン酸水を作ってみよう

クエン酸で疲れ知らず

クエン酸水を作ってみよう

料理の際に使用しようとクエン酸を買ったはいいけれど、思ったよりわずかな量で酸味が主張してくるため、残ってしまう人もいるのだそうです。

もしそうなったら、クエン酸水を作って用いましょう。

クエン酸は、夏バテを撃退するだけでなく、清掃にも応用できます。

作り方はとても易しくて、クエン酸5グラムと水200ミリリットルを混ぜ合わせてスプレー式のボトルに入れるというだけです。

水垢の清掃に有効で、トイレやお風呂・台所での掃除に活かすことが可能です。

また、洗濯をする際に柔軟剤として用いることも可能です。

気を付けるべきこととしては、クエン酸水はあくまでも酸だということです。

錆びてしまうようなところにはつけないようにしてください。

当然ではありますが、食用のものを選べば飲むことも可能です。

酸味に抵抗がない人は、クエン酸20グラムと水1リットルを混ぜて飲んでみましょう。

後味がさわやかなので、多量の汗をかいたときや、起床時、食事を終えてからもうってつけです。

冷えた状態でないと飲みやすくないので、冷蔵庫に冷やしておいたり、氷を入れて冷たくするといいでしょう。

その他、ジュース作りをするのもよい方法です。

水に対しわずかなクエン酸、そして追加で糖蜜や果汁、蜂蜜などを入れてみます。

これにより、お店で取り扱われているのと同じようなおいしいジュースを作れるのです。

酢を利用したメニューに飽きがきた人でも、ジュースを作り、その都度果汁を変えることによって多種多様な味を楽しめます。

酢を苦手とする子供は少なくないですが、ジュースでれば飲みやすくなるでしょう。

クエン酸で疲れ知らず

Copyright(C) 2012 クエン酸で疲れ知らず All Rights Reserved.